薬物依存症回復支援 — 薬物依存症は回復できる病です

Freedom家族プログラム8月スケジュール


 

とき 会場・内容 ファシリテーター

8月5日(土)

18:00~19:30

会場:Freedom
『DASY主催 PaPa-closed]』
(お父さん向けのプログラムです)

ファシリテーター

山野尚美(DASY主催者)
+Freedomスタッフ

8月10日(木)

18:00~20:00

会場 姫路カトリック教会

「家族の夕べ」参加費¥500

ファシリテーター

友杉明日香(カウンセラー)

+Freedomスタッフ

8月26日(土)

13:00~16:00

会場: Freedom

「花より団子」

ファシリテーター

倉田智恵

(ダルク女性ホーム大阪)

倉田めば

 

FREEDOM FAMILY SUPPORT終了

と電話による新家族サポート開始について

約15年近くにわたり皆様の御理解・御協力を得て続けて参りましたFREEDOM FAMILY SUPPORTにつきましては,平成29年7月9日の第5回目のセッションをもって,一旦グループミーティング方式のサポートを終了いたしました。

平成29年8月以降は,「電話による新家族サポート」を開始します。ただし,「薬物依存に苦しむ家族に寄り添う司法に特化した相談窓口」という目的は変わりません。1人でも多くの御家族の方のご利用をお待ちしています。

平成29年8月13日スタート!「電話による新家族サポート」の形

1 専用携帯電話回線を利用した個別の相談窓口となります。

担当者はFREEDOM FAMILY SUPPORTと変わりませんが,担当者個

人が所持する本サポート専用の携帯電話回線を利用した個別相談となります。グループセッションによる分かち合いの時間を持つことはできませんが,様々な事情で家を空けられない方などがアクセスしやすい相談形態となります。

相談日時:毎月第2日曜日 午後1時30分~午後3時30分

電話番号:090-6533-1463

相談料は無料ですが電話料金は電話をかけていただく方の御負担となります。おかけ間違えのないようお願いします。他の電話対応中等で対応できない場合は着信履歴から返信します(留守番電話の機能はありません)。

2 刑事政策に特化した相談窓口としての機能を強化します。

刑事政策の分野で長年当事者と家族支援に関わり,約20年のアディクション関連ボランティア経験もあるスタッフ(認定社会福祉士・認定精神保健福祉士)が個別に対応します。「本人が薬物事件で逮捕されてしまった。これからどうなっていくのか。」「少年院や刑務所に入ってしまったが,家族はどうしたらいいのか。」という御家族の戸惑いに丁寧に対応します。匿名での電話もOKです。

また,近年は刑事政策における薬物事犯者に対する新しい施策も次々と導入されています。こうした点に関する御質問や情報提供についても,電話による相談,必要に応じて刑事政策における諸手続をまとめたパンフレット類の郵送等で対応します。

3 フリーダムとは相互協力関係にある外部サービスとなります。

お問い合わせは,フリーダム(06-6320-1463)あてお願いします。なお,平成29年7月までセッションの会場をお借りしていた施設へのお問い合わせは御遠慮下さい。

 

大阪DARCサイトへのリンクバナー画像

大阪DARCスタッフのブログへのリンクバナー画像

Freedomお問い合わせ・電話相談 tel:06-6320-1463

薬物依存電話相談 毎週土曜日 PM3:00 - 7:00 tel:06-6320-1196


Top